1人で悩まず夫婦で共有し、不妊治療の方向性を考える

増えている

脈を測る腕

日本でも利用する人が多くなっている不妊治療ですが、これにはたくさんのやり方があります。技術が上がり、簡単で確実な治療が登場していますが、それでも確実に妊娠できるというわけではありません。
不妊治療によって子供を授かっている夫婦もいれば、何年も不妊治療を行って子供に恵まれず、そのまま終わってしまう夫婦も多いです。どうして今不妊治療を必要とする人が増加しているのかというと、晩婚化が一番の原因です。
日本は経済的な格差が広がり、貧困層が増加しているおかげでそもそもの結婚率が減少しています。結婚率が下がっている上に給料も減少し、働く場所も見つからないために結婚という大きな決意をする年齢が上がってしまうのです。
そうして稼ぎが落ち着き、結婚し、子供を作って問題がないような状態になったときには高齢出産になっており、そもそも妊娠機能も衰えているという人が多いです。
特に女性は35歳を超えれば自然妊娠や健康な出産は難しいといわれており、不妊治療をしても子供を授かれるかどうか、そして健康な子供を無事に産むことができるかどうかはわかりません。

こんな事情を抱えているからこそ、今不妊治療を必要とする人がこれだけ増えているのです。
体が健康であり、妊娠機能に男女とも致命的な欠陥がなければ、不妊治療によって子供を授かることは難しくありません。医師と相談しつつ、着実に成果を残せるような治療を続けられるようにして下さい。

コンテンツ

妊娠結果を見せる女性

どうして増える

不妊治療を行う夫婦が増加している、それはどうしてなのかというと様々な原因があります。少子高齢化に拍車がかかっている状態だということは明白であり。深刻な問題なのです。

>> もっと詳しく

分娩台

メジャーな方法

不妊治療は様々な方法がありますが、比較的簡単な方法からはじめることになります。検査で決定的な問題が見つかった場合には、それに関して適切な不妊治療を行うこともあります。

>> もっと詳しく

抱える問題

検査を受ける女性と医師

今不妊問題を抱えているカップルは非常に多いです。子供が欲しいと願うのは良いことですが、日本の不妊治療制度には様々な問題が山積みになっています。それを把握して行動する必要があるのです。

もっと読む

↑ PAGE TOP